PROFILE

いけぞー

Author:いけぞー
旅と動物とミキシングビルドが好物。制作物を中心に綴っていきます。


WORKS


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェディングフィギュア「Happy Flight」


IMG_1359.jpg

IMG_1356.jpg

兄の結婚式にウェルカムフィギュアつくりました。
兄夫婦は大学のハンググライダーサークルで出会ったということで、新郎新婦のタンデム飛行です。
なぜレッサーパンダなのかと問われると、単純にかわいいの作りたかったからです。

↓以下写真と解説
ハング羽1

機体は兄ちゃん(エンジニア)が以前CADで趣味でつくったという図面をもとに作成。
プラ板を3枚重ねて張り合わせ、削りだして成形します。
正面から見るとぺったんこではなく、ややカーブさせています。
コンロでかるく炙ってプラを柔らかくしていい形に曲げました。
上から見た形状や骨(塗装で再現)の位置などは図面に従いましたが、強度と作りやすさを考えて、実際の寸法よりもかなり厚めになっています。


ハング羽2

パテで滑らかになるように補修しています。パテ大変。
翼の成形でこの作品製作期間の半分くらい占めてた気がする。


レッサー

レッサーくんとレッサーちゃんは例によってオーブン粘土(スカルピー)で。
実際は足の先まで寝袋みたいなものに入って水平に体を釣るのですが、そうするとタキシードもドレスも見えなくなるので、チョッキのようなものを適当に考えて付け足しました。
次の着色写真でピンクとブルーのチョッキを着ているのがわかるかと。


ハング途中

レッサーの着色はラッカー筆塗。これくらいの大きさなら、べっとり塗料を2回重ね塗りすれば、だいたいムラが消えます。
写真のようにテカテカだとチープになるので、最終的にはつや消しクリアーを吹いて落ち着かせています。

機体中央の骨はプラ棒を使用。
垂直に刺すところは真鍮線を仕込んで強度を上げています。
機体を操作するコントロートバーは本来三角形の単純な形をしているのですが、
今回はフィギュアに合わせて5角形のオリジナル形状に。
二人を吊り下げる機構もプラ棒と真鍮線で適当に創作。
大きな羽をを支えるワイヤーは0.5㎜径の真鍮線を使用。
もっと細いのがよかったけど、模型屋さんにたまたま無くて仕方なく。

機体の塗装はマスキング地獄。
本来、翼は光が透過するような布(?)なので、シルバーの上にクリアーカラーを吹いて、メタリック塗装にしてみました。
カラーリングも兄ちゃんの機体に合わせて塗装してます。
写真がないですが、下から見上げると赤・青・グレー(シルバー)の3色になってます。
シルバーばっかりのカラーリングになっちゃうので、あえてワイヤーを塗らずに真鍮の金色をそのまま残しました。


ハング完成

スタンドは東急ハンズで買ってきた木材を2つボンドでくっつけてオイルステインで着色し、建築模型用の芝シートを貼りました。
釣り金具は真鍮線をグニグニ曲げて刺してます。
でもこれだけ太い真鍮線を曲げるのはかなり力技。
ペンチ使ったら真鍮線が傷だらけになっちゃったので、つぎは治具をつくって曲げるようにします。反省。


兄ちゃんが前の誕生日にハンググライダーの模型がほしいと言っていたので、それも含めてのプレゼントでした。
式では親族しか参加しなかったのでウェルカムフィギュアとしての役割はあんまり果たしてないですが、みなさんに見て楽しんでいただきました^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ikezoworks.blog.fc2.com/tb.php/23-59414955

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。